TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝香宮のグランドツアー

<<   作成日時 : 2010/12/14 05:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
東京都庭園美術館は 朝香宮[あさかのみや]邸として1933年(昭和8年) に建てられた建物を、そのまま美術館として公開したものです。戦後の一時期、外務大臣・首相公邸、国の迎賓館などとして使われてきましたが、建設から半世紀後の1983年(昭和58年)10月 1日、美術館として新しく生まれかわりました。

そうだったんだ!?
東京都庭園美術館ってもとは朝香宮邸だったんだ!?
そして今回は、こんな素敵な展覧会!?が。

展覧会名:「朝香宮のグランドツアー」
会場:東京都庭園美術館(目黒)
会期:2010年12月11日(土)〜2011年1月16日(日)
時間:午前10時〜午後6時(入館は午後5時30分まで)
入館料:一般 800円、大学生〔専修・各種専門学校を含む〕640円、小・中・高校生、65歳以上 400円

かつての英国貴族の子弟たちは学業の総仕上げとして異文化に触れ、他国上流階級との交流を通じて一人前の英国紳士・淑女へと成長すべく数ヶ月から数年に及ぶ海外への大旅行「グランドツアー」を経験しました。明治以降、皇華族の渡欧が慣例化すると朝香宮鳩彦王もまた「軍事御研究」のため海外へと旅立ちました。
そして、滞在中に鳩彦王が遭遇した不幸な交通事故。それは朝香宮夫妻の運命を大きく変える出来事となりました。今日「アール・デコの館」として知られる朝香宮邸建設へとつながる数々の出会いはその事故から生まれたといえます。本展では滞在中の記録から浮かび上がる朝香宮夫妻のパリでの生活に迫り、まさに朝香宮のグランドツアーとも言うべきその足跡を追体験しながら、宮邸誕生までの経緯をご紹介いたします。

*アール・デコ様式の建物の中で写真を撮りたい、という要望を常に多くのお客様からいただいています。通常、館内の撮影をご遠慮いただいておりますが、建物公開の期間中は一階の主要部を写真撮影可能としています。(1階の主要各室、2階ベランダ、3階ウィンターガーデンは撮影可能。ただし2階各室は作品及び著作権保護のため一部を除き撮影不可としています。あらかじめご了承ください。) マナーを守っていただいた上で、館内で思い出の一枚をお楽しみ下さい。

http://www.teien-art-museum.ne.jp/index.html

楽しみだ!




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
朝香宮のグランドツアー TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる