TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―

<<   作成日時 : 2011/04/12 15:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像『シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―』

1924年、当時28歳の詩人アンドレ・ブルトンは、パリで「シュルレアリスム宣言」を発表、20世紀最大の芸術運動の口火を切りました。シュルレアリスムは、偶然性、夢、幻想、神話、共同性などを鍵に、人間の無意識の世界の探求をおこない、日常的な現実を超えた新しい美と真実を発見し、生の変革を実現しようと試みるもので、瞬く間に世界中に広まりました。シュルレアリスムの影響は、たんに文学や絵画にとどまらず、広く文化全域に、そして広告や映画などの表現を通じて21世紀に生きる私たちの生活の細部にも及んでいます。シュルレアリスムの中核を担った詩人や芸術家の多くにとって終の住処となったパリの中心部に位置する国立ポンピドゥセンターは、この運動についてのもっとも広範で多様なコレクションによって知られています。膨大なコレクションの中から、絵画、彫刻、オブジェ、素描、写真、映画などの作品約170点に、書籍や雑誌などの資料を加え、豊かな広がりを持ったこの運動の全貌をつぶさに紹介する展覧会が初めて実現しました。20世紀の芸術の流れを変えたシュルレアリスムを体験する絶好の機会といえるでしょう。

会場:国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)

会期:2011年2月9日(水)〜5月9日(月)5月15日(日)※会期延長いたします。
毎週火曜日休館(ただし5月3日(火・祝)および5月10日(火)は開館)

開館時間:4月13日(水)以降、当面の開館時間は次のとおりとなります。
10:00〜18:00(入館は17:30まで)金曜日の夜間開館は当面見合わせております。

観覧料:当日券1,500円(一般)、 1,200円(大学生)、 800円(高校生)

http://www.sur2011.jp/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による― TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる