TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS マリーン・マリノ + 谷口真人 「Daughters of the Lonesome Isle(孤島

<<   作成日時 : 2011/12/10 07:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像[画像: マリーン・マリノ 「KaoRi (#5)」(2009) Gelatin Silver print]

マリーン・マリノ + 谷口真人 「Daughters of the Lonesome Isle(孤島の娘たち)」展

Daughters of the Lonesome Isle
Marlene MARINO / Makoto TANIGUCHI
December 10. 2011-January 28. 2012

Artist talk: Saturday, December 10th
16:30- Makoto Taniguchi / 17:30- Marlene Marino
Opening reception: Saturday, December 10th 18:00-20:00.

スプラウト・キュレーションでは、Marlene Marino(マーリン・マリノ)と谷口真人による二人展「Daughters of the Lonesome Isle(孤島の娘たち)」を開催いたします。この展覧会のタイトルは、アメリカの現代音楽作曲家、故・ジョン・ケージのプリペアド・ピアノの楽曲名から引用しました。本展ではあえて女性をテーマにしていますが、現在世界各地で巻き起こるデモや、激動する政治情況をみれば、「疎外」と「自由」そして「ユートピア」と「ディストピア」が、今や性別や人種を越え全ての人間にとっての、深刻かつ身近なテーマであることは言うまでもありません。

アートが、「自由」という尊大なテーマに向き合う時、表現形態としてのキュレーションに何が可能か、本展は、そのひとつの試みでもあります。

SPROUT Curation WEBsite
http://sprout-curation.com/

SPROUT Curation is delighted to announce the “Daughters of the Lonesome Isle” an exhibition of Marlene Marino and Makoto Taniguchi.

“Daughters of the Lonesome Isle” takes its title from a work for prepared piano by John Cage. Although the exhibition focuses on the woman, the themes like “loneliness/freedom’” or “utopia/dystopia” are serious and familiar to all humans across gender and race today where demonstrations take place throughout the world and political situations is rapidly changing.

When the art confronts such a profound theme, what would be possible in curation as a form of expression? This exhibition is also an attempt to this question.



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
マリーン・マリノ + 谷口真人 「Daughters of the Lonesome Isle(孤島 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる