TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS ボストン美術館 日本美術の至宝

<<   作成日時 : 2012/04/03 03:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

画像東京国立博物館140周年 特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」
平成館 特別展示室 2012年3月20日(火) 〜 2012年6月10日(日)

アメリカのボストン美術館は、"東洋美術の殿堂"と称されます。100年以上にわたる日本美術の収集は、アーネスト・フェノロサや岡倉天心に始まり、今や10万点を超えます。海外にある日本美術コレクションとしては、世界随一の規模と質の高さを誇ります。

本展は、その中から厳選された仏像・仏画に絵巻、中世水墨画から近世絵画まで、約90点を紹介します。
修復を終え、日本初公開となる曽我蕭白(そがしょうはく)の最高傑作『雲龍図』をはじめ、長谷川等伯(はせがわとうはく)、尾形光琳(おがたこうりん)、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)などの手による、かつて海を渡った"まぼろしの国宝"とも呼べる日本美術の至宝が一堂に里帰りします。

開催概要
会期:2012年3月20日(火・祝)〜6月10日(日)
会場:東京国立博物館 平成館(上野公園)
開館時間 9:30〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日は20:00まで、土・日・祝・休日は18:00まで開館)
休館日 月曜日(ただし4月30日(月・休)は開館)
観覧料金 一般1500円、大学生1200円、高校生900円、中学生以下無料


展覧会のみどころ

「第一章 仏のかたち 神のすがた」
ボストン美術館の仏画・仏像のコレクションは、海外屈指の質の高いものとして著名です。
本展では、奈良から鎌倉までの仏画・仏像に垂迹画・神像を加え、日本に残っていれば国宝や重要文化財の指定を受けてしかるべき、絵画17点、彫刻4点を選んでいます。

「第二章 海を渡った二大絵巻 」
ボストン美術館日本美術コレクションの中でひと際傑出した存在なのが、遣唐使・吉備真備(きびのまきび)の活躍をユーモラスに描く「吉備大臣入唐絵巻(きびだいじんにっとうえまき)」と、平治の乱を濃密で計算された画面構成でダイナミックに描く「平治物語絵巻(へいじものがたりえまき)」です。異なるコンセプトと手法で描かれたこの2つの傑作を、今回特別に全場面展示いたします。

「第三章 静寂と輝き−中世水墨画と初期狩野派」
鎌倉時代から室町時代にかけて、禅僧画家を軸に発展した水墨画の閑寂にして高雅な世界。職業画家、狩野派の二代元信(もとのぶ)らによる花鳥図屏風や、金地金雲(きんじきんうん)きらめく扇絵(おうぎえ)といった初期狩野派の華麗な成果。中世から近世初頭にいたる水墨画を担った画家たちによる絵画表現の変貌をご覧ください。

「第四章 華ひらく近世絵画」
近世初期の障壁画制作で活躍した狩野派、長谷川派、雲谷派、曽我派の屏風絵に、江戸狩野の探幽、それと対峙する京狩野の山雪、永納父子、尾形光琳に代表される琳派、さらに伊藤若冲や風俗画などスーパースターたちの個性豊かな作品の競演です。

「第五章 奇才 曽我蕭白(そがしょうはく)」
ボストン美術館の日本美術コレクションの中でひときわ異彩を放つ曽我蕭白(1730〜1781)の作品群。エネルギーを画面に打ち付けたような直情的画風ですが、そこには幻想的な空気が流れてもいます。
シニカルなまなざしとユーモアが共存する蕭白の最初期から晩年の作品までが揃います。

「第六章 アメリカ人を魅了した日本のわざ−刀剣と染織」
明治時代、海外に渡った工芸品は多くの人々を魅了しました。これを可能にしたのは、日本の工芸が技術的に高度な発達を遂げていたからです。ビゲローらが収集した刀剣と染織作品を取り上げ、彼らを感嘆させた精緻なわざの美をご覧いただきます。

巡回予定
名古屋ボストン美術館:2012年6月23日(土)〜9月17日(月・祝)・2012年9月29日(土)〜12月9日(日)
九州国立博物館:2013年1月1日(火・祝)〜3月17日(日)
大阪市立美術館:2013年4月2日(火)〜6月16日(日)

特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」
http://www.boston-nippon.jp/


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
ボストン美術館 日本美術の至宝 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる