TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS 「北斎展」北斎生誕250周年を記念

<<   作成日時 : 2012/05/26 07:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

画像「北斎展」北斎生誕250周年を記念

展覧会の趣旨
アジア美術の所蔵で世界的に知られるホノルル美術館には、約10,000点もの浮世絵版画が収蔵されており、そのクオリティの高さには定評があります。コレクションの中核をなすのは、ミュージカル「南太平洋」の作者、ジェームス・A・ミッチェナー氏の寄贈による約5,400点で、我が国では歌川広重の名品を中心とした里帰り展が幾度か開催されています。

しかし、幕末の浮世絵界にあって広重と双璧をなす偉大な浮世絵師、飾北斎の作品が、ここホノルルの地にまとまっていることはあまり知られていません。しかもそれらの作品群は、世界有数の優れた収蔵内容を誇っていたのです。

北斎は、2010年に生誕250年を迎えました。その記念事業の一環として、このたびホノルル美術館が所蔵する北斎の逸品を網羅した初めての「北斎展」を開催する運びとなりました。

本展は、北斎の魅力を160余点であますところなく体験する一大展覧会であり、大きく二つのセクションから構成されます。はじめに、北斎を代表する「冨嶽三十六景」、「諸国名橋奇覧」、「諸国瀧廻り」、「琉球八景」、「詩哥写真鏡」、「百人一首うばがゑとき」の6種の揃物を紹介してゆきます。次々と連続して湧き出る北斎のイマジネーションの泉は、尽きるところを知りません。そして、デビュー当時の春朗時代の作品から、最晩年の89歳の作品「地方測量之図」までの70年近くにおよぶ画業を概観するコーナーへと続きます。

「北斎展」北斎生誕250周年を記念
会場:三井記念美術館(日本橋)
会期:2012年04月14日 〜 2012年06月17日
入場料:通常展 一般1000円、大高生500円、中小生無料。特別展 一般1200円、大高生700円、中小生無料
開館時間:10:00から17:00まで(月曜休館)
アクセス:〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7F
ホームページ:http://www.mitsui-museum.jp/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
「北斎展」北斎生誕250周年を記念 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる