TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS ペッカ・ユルハ + ハンナレーナ・ヘイスカ + サミ・サンパッキラ 「AWAKENING」展

<<   作成日時 : 2012/06/12 01:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

画像[画像:SKULL (2012) Pekka Jylhä, Starwall (2012) Sami Sänpäkkilä, Today We Live (2012) Hannaleena Heiska, ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo]

ペッカ・ユルハ + ハンナレーナ・ヘイスカ + サミ・サンパッキラ 「AWAKENING」展

エスパスルイ・ヴィトン東京で催される2度目のグループ展である本展では、3名のフィンランド人アーティスト ペッカ・ユルハ(Pekka Jylhä)、ハンナレーナ・ヘイスカ(Hannaleena Heiska)、サミ・サンパッキラ(Sami Sänpäkkilä)の最新作を通じて、フィンランドの現代アートシーンに焦点を当てます。

ガラスに囲まれたエスパスルイ・ヴィトン東京のスペースではこれまで、降り注ぐ自然光に着想を得た作品が展示されてきましたが、今回のエキシビションでは、敢えて日差しを遮断することで、まったく新たな空間が誕生しました。洞窟のようにほの暗くどこか神秘的な雰囲気の中、オリジナル作品の数々が並びます。2011年ヴェネチア・ビエンナーレにおいて、フィンランド・パビリオンのキュレーションを手掛けたことでも知られるインディペンデント・キュレーター、ラウラ・コーニッカ(Laura Köönikkä)は、本エキシビションのために、「生(Life)」の物珍しさや特異性を表現する作品を創作するアーティストたちを選定。スペースに展示された作品はすべてタイトルである『AWAKENING』(目覚め、覚醒)という視点から解釈できます。

また、「Awakening」とは、誰もが知覚する物事を指すだけでなく、単に「気付いている」状態と理解することもできます。アーティストたちは、満天の星空、瞬間的に押し流される人の集団の映像、胃の底に響き渡るようなベース音、巨大な耳、クリスタルのプリズムなどによって、自分自身の実存、思考、環境、感情に気付かせてくれるものを体現しました。さまざまなレンズを通じて見える「生(Life)」の特異性をぜひ発見してください。


会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京(表参道)
アーティスト:ペッカ・ユルハ、ハンナレーナ・ヘイスカ、サミ・サンパッキラ
会期:2012年06月09日 〜 2012年09月09日(会期中無休)
開館時間:12:00から20:00まで
入場料:無料
WEBサイト:http://espacelouisvuittontokyo.com/


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
ペッカ・ユルハ + ハンナレーナ・ヘイスカ + サミ・サンパッキラ 「AWAKENING」展 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる