TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS リキテンスタインの版画

<<   作成日時 : 2013/05/09 18:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像ロイ・リキテンスタイン《青い床の室内が描かれた壁紙》 1992年スクリーンプリント、クリアコート、紙、マイラーシート、合板 259.1×381cm©Estate of Roy Lichtenstein, New York & JASPAR, Tokyo, 2013 E0398

DIC川村記念美術館のコレクションから、アメリカ、ポップアートを代表する画家ロイ・リキテンスタイン(1923-1997)の版画作品を展示いたします。

1960年代より、漫画をモチーフに、鮮やかな色彩と簡潔な輪郭線、印刷のドットを強調して描いた作品により広く知られていますが、モネの作品を再解釈した《積み藁》や《大聖堂》のシリーズ、建築装飾を絵画化した《エンタブラチュア》など、視覚芸術の本質を問い直すその業績の一端を紹介いたします。

開催期間:2013年04月27日(土)〜2013年07月15日(月)
休館日:月曜日(祝日に当たる場合は開館)、5月7日(火)
時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
入場料:一般:900円/学生・65歳以上:700円/小中学生・高校生:500円
会場:DIC川村記念美術館 202展示室 千葉県佐倉市坂戸631番地
会場ホームページ: http://kawamura-museum.dic.co.jp/index.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
リキテンスタインの版画 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる