TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS 空想の建築〜ピラネージから野又穫へ〜

<<   作成日時 : 2013/05/20 22:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像野又 穫「遠景-3/Skyglow-H3」2008年 アクリル、キャンバス 群馬県立近代美術館寄託

空想の建築〜ピラネージから野又穫へ〜

絵画、立体、版画 … さまざまなかたちで人は現実には存在しない建築を創造してきました。本展では、遥か古代ローマに思いを馳せ、その空想的復元を版画として結実させたジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージや、壮麗なバロック的空間を描いた<紙上>の建築家たち、考古学的調査と想像力を駆使して古代エジプトの建造物を描いた18世紀末の絵師たち、そして今まさに創作活動を展開している現代の美術家までをとりあげます。それにより、空想によって構築された建造物の面白さ、美しさを探ります。世界を空想の建築というかたちで目に見えるものにしようとした人々の系譜が浮かび上がることでしょう。

昨年25周年を迎えた国際版画美術館が、新たな飛躍をめざしてスタートを切る2013年春、この展覧会は版画のみならず、絵画や立体、書籍など、変化に富んださまざまなタイプの作品によって、見る者を遥かな世界へと誘うことをめざします。ヨーロッパの古い版画から現代美術まではばひろく<空想の建築群>を渉猟する得がたい機会となるにちがいありません。

また本展開催にあわせ、特別展示として、出品作家の一人である野又穫(のまた・みのる)のドローイング展『ELEMENTS-あちら、こちら、かけら』を開催いたします。あわせて、ぜひご観覧ください。

会期:2013年4月13日(土)〜6月16日(日)
休館日:月曜日、※4月29日(月・祝)、5月6日(月・振休)は開館、※4月30日(火)、5月7日(火)は休館
開館時間:平日:10:00〜17:00(入場16:30まで)、土・日・祝日:10:00〜17:30(入場17:00まで)
会場:町田市立国際版画美術館(企画展示室第1・第2)
観覧料:一般800円、大学・高校生400円 、65歳以上400円※中学生以下は無料です。

http://hanga-museum.jp/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
空想の建築〜ピラネージから野又穫へ〜 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる