TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS 華麗なるインド ─インドの細密画と染織の美─展

<<   作成日時 : 2013/06/18 15:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像華麗なるインド ─インドの細密画と染織の美─展

古代文明発祥の地として栄えたインドは、現代に受け継がれる宗教や豊かな芸術を生みだし、独自の文化と潤沢な資源によって世界の注目を集めてきました。本展覧会では、インド美術のなかで主要な位置を占めるミニアチュール絵画(細密画)と染織をあわせてご紹介します。

インドミニアチュール絵画は仏教経典の挿絵を起源とし、おもに16世紀末から19世紀半ばまで制作されました。小さな画面に美しい線と鮮やかな色彩を用いて描かれた作品は宝石にも喩えられるほど美しく、ムガールの王やラージプト諸藩主たちの美意識が注ぎ込まれた貴重な絵画でした。海外では既に高い評価を得ているインドミニアチュールですが、日本国内では紹介される機会が少なくその魅力も未だ充分には知られていません。今回はそれらを体系的に紹介し、地域によって異なる特徴をもつ作品の数々をご紹介します。

同時に展示する染織は古くからインドを代表する産業であり、高度な技術は世界中の染織に影響を与えてきました。例えばインドを発祥の地とする色鮮やかな文様染(更紗)をはじめ、緻密な刺繍や金銀糸をふんだんに用いた錦織、王族に愛された複雑な絞など多彩な技術を見ることができます。

本展覧会は日本画家畠中光享氏が約40年にわたり収集してきたコレクションの中から厳選してご紹介するものです。世界中の垂涎の的であったインド染織とミニアチュールのロマン溢れる世界を通して、華麗なるインドの美をお楽しみください。

2013年 4月13日(土) 〜 6月23日(日)
【開館時間】 10:00〜20:00(入館は19:30まで)
【会 場】 三鷹市美術ギャラリー
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL(コラル)5階→会場地図
【休館日】 月曜日(4月29日・5月6日は開館)、4月30日(火)、5月7日(火)
【観覧料】 会員=480円 一般=600円 65歳以上・学生(大・高)=300円
中学生以下・障害者手帳をお持ちの方は無料
→割引入場券
【主 催】 (公財) 三鷹市芸術文化振興財団・三鷹市美術ギャラリー、読売新聞社、美術館連絡協議会
【後 援】 インド大使館

http://mitaka.jpn.org/gallery/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
華麗なるインド ─インドの細密画と染織の美─展 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる