TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ボディ3」展

<<   作成日時 : 2013/07/17 18:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像小名木陽一「赤い手ぶくろ」(1976)

「ボディ³」展

工芸は人間の身体と深い関わりをもっています。たとえば「ヒトガタ」が制作の動機となる人形。着物やうつわは、人体を一種のメジャーとして、かたちや大きさが決められてきました。またその技法には、叩く力や呼気などの身体活動によるものも少なくありません。教材やイベントも各種ご用意しました。工芸の基本をこどもたちと一緒に楽しみながら学ぶ展覧会です。

会期:2013年06月25日 〜 2013年09月01日
会場:東京国立近代美術館工芸館
入場料:一般 200円、大学生 70円、高校生以下・65歳以上 無料
開館時間:10:00から17:00まで
金曜日は20:00まで月曜休館(月曜日が祝日の場合は月曜日開館、翌日火曜日休)

http://www.momat.go.jp/CG/cg.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
「ボディ3」展 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる