TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS 興福寺創建1300年記念「国宝 興福寺仏頭展」

<<   作成日時 : 2013/11/01 09:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像興福寺創建1300年記念「国宝 興福寺仏頭展」

奈良・興福寺の創建1300年を記念して「国宝 興福寺仏頭展」を開催します。展覧会では現存する東金堂をテーマとし、同寺の代表的な名宝である国宝「銅造仏頭」(白鳳時代)をはじめ、東金堂ゆかりの名品を展示します。「仏頭」の守護神として造られた国宝「木造十二神将立像」(鎌倉時代)、浮彫の最高傑作として有名な国宝「板彫十二神将像」(平安時代)の各12点、計24点が初めてそろって登場するほか、法相宗に関わる至宝も展示。「仏頭」と同じ白鳳仏として、東京・調布の深大寺所蔵の重要文化財「銅造釈迦如来倚像」も特別陳列され、国宝25点、重要文化財31点など約70点の至宝が集う豪華な展示となります。ヴァーチャル・リアリティー(VR)技術を使って、仏頭頭部の復元に挑むとともに、同寺で進む中金堂再建事業についても紹介します。

*国宝に指定された十二神将像は、全国で4件あります。奈良・新薬師寺の塑像(奈良時代、但し指定は11体)、京都・広隆寺の木造(平安時代)、それに興福寺の板彫十二神将像(平安時代)と木造十二神将立像(鎌倉時代)の4組です。本展では、2組の十二神将がすべてそろった形で出陳します。興福寺を出て、全点そろっての展示は、史上初めてのことです。いずれも日本木彫史上屈指の名品で、会場では美の競演を存分に楽しんでいただきます。

会期:2013年9月3日(火)〜11月24日(日)
会場:東京藝術大学大学美術館(東京都台東区上野公園12-8)
開館時間:午前10時〜午後5時
休館日:毎週月曜日(ただし、9月16日、9月23日、10月14日、11月4日は開館)、9月17日、9月24日、10月15日、11月5日

http://butto.exhn.jp/index.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
興福寺創建1300年記念「国宝 興福寺仏頭展」 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる