TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS LITTLE AKIHABARA MARKET ―― 日本的イコノロジーの復興

<<   作成日時 : 2014/05/17 05:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

『リトルアキハバラ@謝肉祭*ぉハョー/^0^\美術コア』(2014年)

美術集団・カオス*ラウンジが六本木ヒルズ内にあるギャラリー・ROPPONGI HILLS A/D GALLERYにて展覧会「LITTLE AKIHABARA MARKET」を開催する。会期は5月10日(土)〜5月25日(日) まで。

「日本的イコノロジーの復興」を掲げた本展のメインビジュアル作品には、山形在住の日本画家・久松知子さんの大作『日本の美術を埋葬する』をベースに、カオス*ラウンジのメインアーティストである梅沢和木さんと藤城嘘さんがデジタルコラージュした『リトルアキハバラ@謝肉祭*ぉハョー/^0^\美術コア』が据えられている。


カオス*ラウンジの最新インスタレーション
カオス*ラウンジは美術家/批評家の黒瀬陽平さん、現代美術家の藤城嘘さん、梅沢和木さんを中心に結成されている美術集団。

藤城嘘さんが結成していたインターネット上のクリエイターを集めた「ポストポッパーズ」を前身とし、「アートに神秘性などない。人間の知性も感性も内面も、すべては工学的に記述可能である」という旨の宣言を行い、現代美術や批評のシーンで様々な議論を巻き起こした。


「LITTLE AKIHABARA MARKET」展について
本展は、2010年以降、常に私たちの現実を見つめ、新しいアートのかたちを示し続けてきたカオス*ラウンジによる最新のインスタレーションである。

本展のコンセプトのベースとなっている「LITTLE AKIHABARA」構想は、2011年11月に「震災後のオタクカルチャー」を描いた『カオス*イグザイル』(「FESTIVAL TOKYO 2011」主催作品 )のなかから生まれたものであり、本展は『カオス*イグザイル』『LITTLE AKIHABARA MONUMENT』(2013年12月)に続く展示となる。

『 LITTLE AKIHABARA MARKET ―― 日本的イコノロジーの復興 』と名づけられた本展は、架空の都市「LITTLE AKIHABARA」で復興される「コミックマーケット」をインスタレーションとして作品化する。
といっても、実際の「コミックマーケット」をそのままギャラリー空間に再現しようというのではない。 なぜなら「震災後、異国へ亡命したオタクたちによって復興されるコミックマーケット」という設定・状況が、私たちの想像力を拡張し、現代のオタク/ネットカルチャーに留まらない視野を与えるからである。
「二次創作」によって召還され、「MARKET」の循環のなかで復興しうるのは、一度失われた、あるいは失われつつある二次元的、キャラクター的表現のすべてである。つまり、今となってはオタクカルチャーからも現代アートからも切り離されつつある、宗教的イメージやイコンもまた、二次元的、キャラクター的表現の系譜として呼び出すことが可能なのだ。
そしてそれらは、現代的キャラクター表現と交わり、再解釈されることによって「二次創作=復興」を遂げるのである。
「littleakihabara | 展覧会について」より

LITTLE AKIHABARA MARKET ―― 日本的イコノロジーの復興
主催 カオス*ラウンジ
会場 ROPPONGI HILLS A/D GALLERY
〒106-6103 港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワーウェストウォーク3F
会期 2014年5月10日(土) − 5月25日(日) 会期中無休
時間 12:00~20:00

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス



 
LITTLE AKIHABARA MARKET ―― 日本的イコノロジーの復興 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる