TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS フィオナ・タン まなざしの詩学フィオナ・タン ドキュメンタリー作品上映

<<   作成日時 : 2014/07/23 11:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「ディスオリエント」2009年 Courtesy of the artist and Frith Street Gallery, London; Wako Works of Art, Tokyo


フィオナ・タン まなざしの詩学
フィオナ・タン ドキュメンタリー作品上映

東京都写真美術館では、静止写真を含むさまざまな映像メディアを駆使して、記憶、時間、言葉や物語の関係性を探求するフィオナ・タンの個展『まなざしの詩学』を、2階展示室と1階ホールの2会場を使用して開催する。

フィオナ・タンは1966年プカンバル(インドネシア)生まれ。中国系インドネシア人の父とスコットランド系オーストラリア人の母の間に生まれ、幼少期をオーストラリアで過ごし、88年にオランダへと移住。現在はアムステルダムを拠点に活動している。こうした背景からポストコロニアリズムの文脈で作品が紹介される傾向が強いが、タンの既存の写真や映像を使用した作品や、細部にわたり演出された映像作品やインスタレーションはそれだけに留まらず、心象と記憶の関係性、時間、言葉や物語の関係性を追求するものとして高い評価を受けている。

本展では、2009年にオランダ館代表として参加した第53回ヴェネツィア・ビエンナーレに出品した「ディスオリエント」(2009)や、用途や特性の異なる6つの技術(35ミリフィルム、16ミリフィルム、スーパー8、8ミリフィルム、ディジタル・ヴィデオ、ヴィデオ8)を使用した「インヴェントリー」(2012)、タンが繰り返し探究しているポートレイトを扱った「プロヴィナンス」(2008)といった日本初公開作品を中心に紹介する。また、1階ホールでは、こちらも日本初公開となる「興味深い時代を生きますように」(1997)と、第2回恵比寿映像祭(2010)でも上映した「影の王国」(2000)を紹介する。

会期:2014年7月19日(土)-9月23日(火、祝)
会場:東京都写真美術館
開館時間:10:00-18:00(木、金は21:00まで)入館は閉館30分前まで
休館日:月(月曜が祝日の場合は翌日が休館)
観 覧 料:一般900円/学生800円/中高生・65歳以上700円

http://www.syabi.com/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)



 
フィオナ・タン まなざしの詩学フィオナ・タン ドキュメンタリー作品上映  TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる