TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014 日本美術会 シンポジウム「危機と美術-21世紀 美術家の創作課題」

<<   作成日時 : 2014/09/19 22:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像2014 日本美術会 シンポジウム
「危機と美術-21世紀 美術家の創作課題」

開催日:10月12日(日) 
開催時間:10:00-17:00 
会場:平和と労働センター 2F大ホール

http://www.nihonbijyutukai.com/nichibi/symposium/synpo2014.html

民主的な美術運動の潮流は、今何を目指し、何を課題としているのか。 私たちのまわりに迫るあらゆる危機の中にあって、持てる知見と全ての創造力をもって、 その問いに応えるべく学び、交流を深め
ましょう。 参加費 1000円

http://www.nihonbijyutukai.com/

スケジュール

10月12日(日)10:20開会(10:00受付)

<講演(映像)と討論> 10:20-15:50

「芸術の歴史的視点から」・・・・・・・10:40-11:30
中世美術を現代に再生すること
講師:上野一郎(金沢美術工芸大、ソルボンヌ大学院)
コーディネーター:木村勝明(インスタレーション作家)
質疑・討論 11:30-12:00

<昼休み>

「戦後美術・アンデパンダンの歴史から」・・・13:00-13:50
アンデパンダン展は3・11でどう変わったか
講師:北野輝(元和歌山大、日美理論部長)
コーディネーター:宮下泉(洋画家)
質疑・討論:13:50-14:20

休憩:14:20-14:30

「感性の変容と芸術-日本の文化芸術の現状をふまえて」・・14:30-15:20
現代美術の失敗と危機
講師:荒木國臣(椙山女学園大、元民主文学会)
コーディネーター:稲井田勇二(日本画家)

休憩:15:50-16:00

<まとめの討論>16:00-16:45
(総合司会:川原康男、山口さざ子)

<懇親会>17:00-9Fアトリエにて参加費無料

日本美術会事務所 ●JR御茶ノ水駅下車徒歩5分 ●東京メトロ丸の内線御茶ノ水駅下車4分 ●東京メトロ干代田線新御茶ノ水駅下車7分

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)



 
2014 日本美術会 シンポジウム「危機と美術-21世紀 美術家の創作課題」 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる