TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS 鬼才の画人「谷中安規展―1930年代の夢と現実」

<<   作成日時 : 2014/10/05 11:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像《蝶を吐く人》(『白と黒』41号) 1933年 木版

鬼才の画人「谷中安規展―1930年代の夢と現実」

谷中安規(たになか やすのり、1897-1946)は1930年代に活躍した版画家です。この時代の東京は、関東大震災から復興を遂げモダンで華やかな顔を見せる一方で、戦時体制へと傾斜し、不安と閉塞感が強まっていました。谷中はそのような新東京を風船のように放浪し、大都市の様相に幼少期の記憶や生活の理想などを重ね合わせて、夢と現実が織りなす木版画を制作しました。ビル群や劇場、飛行船や潜水艦、外国映画のシーンやロボットなど、1930年代特有のモダンなイメージと、奈良の長谷寺で過ごした幼少期や真言宗豊山派の中学に通っていた時代に養われた仏教観、さらに少年時代に暮らした朝鮮の記憶といった土着的なイメージを混ぜ合わせた表現は、実に多元的で独創的な内容を見せています。


《龍の夢》1939年 木版 個人蔵 10年ぶりの回顧展となる本展覧会は、万華鏡のように幻惑的な谷中安規の作品、約300点を制作年順に整理・展示し、刻々と変わる政治・社会的動向とイメージの変化や表現との関係について再考するものです。それは1930年代という時代を考える試みでもあります。谷中安規の作品は、現代社会をも逆照射してくれることでしょう。 .

タイトル:鬼才の画人「谷中安規展―1930年代の夢と現実」
会場:町田市立国際版画美術館
会期:10月4日(土)〜11月24日(月・祝)
休館日:月曜日
※10/13(月・祝)、11/3(月・祝)、11/24(月・振休・最終日)は開館
※10/14(火)、11/4(火)は休館
開場時間:火〜金10:00〜17:00(入場は16:30まで)
土・日・祝 10:00〜17:30(入場は17:00まで)
観覧料:一般=800円、大学・高校生と65歳以上=400円
※10/4(展覧会初日)、11/3(文化の日)は入場無料です。

http://hanga-museum.jp/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス



 
鬼才の画人「谷中安規展―1930年代の夢と現実」 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる