TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS 柳幸典 ワンダリング・ポジション

<<   作成日時 : 2016/11/25 11:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像柳幸典 ワンダリング・ポジション

柳幸典は1980年代、美術館を飛び出し、ユーモラスでパワフルな作品群を屋外で次々と発表します。

1990年にニューヨークに居を移し、代表作「ザ・ワールドフラッグ・アント・ファーム」が、ヴェニスビエンナーレアぺルト部門で受賞(1993年)。以降もサンパウロビエンナーレ(1996年)等の数多くの国際展に招待され、アメリカのメジャーアート誌の表紙をかざったり、MoMA等の重要な美術館にコレクションされるなど、国際舞台での活発な活動が続きます。

1995年、犬島(廃墟となった銅製錬所)と出会い、広島を拠点に、近代化産業遺産を美術館へと変換させるプロジェクトを長い構想期間を経て実現。その後も、瀬戸内海に浮かぶ「百島」にある廃校をアートセンターとして再生するなど、変幻自在な活動はまさに「ワンダリング・ポジション=さまよえる位置」そのものです。

今回の展覧会では、代表作のアントファームのシリーズはもとより、犬島の巨大なコンセプトモデルやゴジラにフォーカスした新作等の大型作品がNYK全館で繰り広げられます。30年に及ぶ柳氏の「彷徨」を、是非ご覧いただければと思います。

会場:BankART Studio NYK 
会期:2016年10月14日(金)〜12月25日(日)
入場料:一般=1,200円、 大学生・専門学校生、横浜市民/在住=900円、 高校生・65歳以上=600円
*中学生以下は無料
休館日:会期中無休
開館時間:11:00〜19:00
*入館は閉館の30分前まで

http://www.bankart1929.com/


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)



 
柳幸典 ワンダリング・ポジション TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる