TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS エリザベス ペイトン/Still life

<<   作成日時 : 2017/02/27 10:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像「エリザベス ペイトン/Still life」

90 年代半ば、ミュージシャンや歴史上の人物、あるいは恋人や愛犬など、自身にとって“憧 れ”の存在や“美”を描いた肖像画が、時代に新風をもたらす“新しい具象画”と称されたアメ リカの女性作家、エリザベス ペイトン。

近年では風景や静物、オペラからもインスピレー ションを得るなどその表現を一層深め、各国で高い評価を得てきました。透明感のある特有 の色彩、素早くも繊細な線によって、対象をただならぬ美しさを湛える存在に変貌させるペ イトンの絵画は、私たちを純粋な鑑賞の喜びへと誘い、魅了し続けています。

本展は、日本では紹介される機会の少なかったペイトンの 25 年の画業を約 40 点にて一望 する、日本の美術館での待望の初個展です。

「エリザベス ペイトン/Still life」
会場:原美術館 
会期:2017年1月21日(土)〜5月7日(日)
入場料:一般=1,100円、高大生=700円、小中生=500円
(学期中の土曜日は小中高生の入館無料)
休館日:月曜日、3/21(ただし、3/20は開館)
開館時間:11:00〜17:00(ただし、祝日を除く水曜日は20時まで開館)
*入館は閉館の30分前まで

http://www.haramuseum.or.jp


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ



 
エリザベス ペイトン/Still life TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる