TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS 本と美術の展覧会vol.1 絵と言葉のまじわりが物語のはじまり 絵本原画からそうぞうの森へ

<<   作成日時 : 2017/08/17 16:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像「本と美術の展覧会vol.1 絵と言葉のまじわりが物語のはじまり 絵本原画からそうぞうの森へ」

本展は、美術館と図書館の複合施設である太田市美術館・図書館が、本と美術の多様なかかわりをテーマとして継続的に実施する<本と美術の展覧会>第一弾です。

初回は、絵本・児童書を重点的に収集している本館として、絵本原画を出発点に、絵と言葉の想像力=創造力をめぐる展覧会を実施します。

まず、展示室1では四点の絵本──絵・安西水丸、作・村上春樹『ふわふわ』、荒井良二『えほんのこども』、絵・酒井駒子、作・中脇初枝『こりゃ まてまて』、ザ・キャビンカンパニー『よるです』の原画全点をその言葉とともにご紹介します。

現代美術家・中島崇によるインスタレーションのもと展示を行い、想像と創造の森へと鑑賞者をいざないます。

展示室2では小説家の長嶋有、福永信と太田市出身の画家・須永有とのコラボレーションを実施。

小説家と画家が、それぞれの立場から絵画と言葉にアプローチする展示を実現します。

そして1階と2階をつなぐスロープでは、画家・大小島真木が本展のための長大な壁画を制作、来場者がその続きの物語を創造する参加型の展示も行います。

「本と美術の展覧会vol.1 絵と言葉のまじわりが物語のはじまり 絵本原画からそうぞうの森へ」
会場:太田市美術館・図書館 
会期:2017年8月4日(金)〜10月22日(日)
入場料:一般=500円、学生・65歳以上=400円
*中学生以下は無料
休館日:月曜日、9/19、10/10(ただし、9/18、10/9は開館)
開館時間:10:00〜18:00
*入館は閉館の30分前まで

http://www.artmuseumlibraryota.jp/


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)



 
本と美術の展覧会vol.1 絵と言葉のまじわりが物語のはじまり 絵本原画からそうぞうの森へ TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる