TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS リオフェス2010特別企画

<<   作成日時 : 2010/06/17 00:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像09年上演「風の駅」舞台写真 撮影 イム・ジョンジン

2003年6月に他界した劇作家・岸田理生。その作品を風化させない為に、毎年行なわれている演劇フェスティバルの中から2本を、命日の6月28日を挟んで、座・高円寺で上演します。


☆日韓合同公演「リア」リオフェス2010特別企画

作 | 岸田理生 構成・演出 | キム・アラ 
出演 | 小林達雄、蘭妖子、竹広零二、宗方駿、近童弐吉、米沢美和子 ほか 
公演期間 2010年06月24日(木)〜06月27日(日)
会場 座・高円寺1

キ・シ・ダ・リ・オ 
初めて出逢った時の魂の共鳴を、私たちは忘れない………キム・アラ

演劇は「遊び」であると考える演出家キム・アラは、韓国でも郊外の野外劇場で実験的な作品を上演したり、音楽、美術、文学、演技等を総合した祭祀的な演劇手法で、日本やヨーロッパなどでも作品を発表するなどユニークな活動で知られています。
彼女が考える「遊び」とは、人間が生死の長い旅の中で完成させるストーリーを考えたり味わったり記憶しながら、未来に向けてビジョンを作ること。
今回は、彼女のそうした思考と方法をもとに、岸田理生の美しい言葉の世界を、より岸田理生らしく、しかもわかりやすく観客に伝えることを目指して演出します。
1997年に初演した本作を、大胆に再構成し、日韓のスタッフ、日本のキャストが合同で創り上げる全く新しい『リオ』に、どうぞご期待ください。



☆青蛾館25周年記念公演「青ひげ公の城」リオフェス2010

原作 | 寺山修司 
引用作品 | 岸田理生(「悪徳の栄え」) 
構成・演出 | 青蛾 
出演 | 野口和彦 小林桂太 石丸だいこ 若松絵里 山田ひとみ ほか 
公演期間 2010年07月01日(木)〜07月04日(日)
会場 座・高円寺1

岸田理生『悪徳の栄え』を劇中劇に、大胆に構成して上演!
青蛾館が25周年記念にお送りする寺山修司原作『青ひげ公の城』に、乞うご期待!

岸田理生に愛され、寺山修司、唐十郎の作品に於いてその存在感を至らしめる異能の女形・野口和彦。日本の演劇界一の悪の華と呼ばれる野口が率いる青蛾館がその25周年記念作品として、寺山修司原作『青ひげ公の城』を上演します。
青蛾館の誘う[妖・艶・美]の世界に今回、華を添えるのは両作家とは演劇実験室・天井桟敷より旧知の仲のイラストレーター・宇野亜喜良氏。日本のアングラ演劇界を築いた3人の巨匠と[紫の美学]とによるコラボレーションが、劇場そのものをセンセーショナルな世界に変えます!


座・高円寺WEBサイト
http://za-koenji.jp/index.php


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
リオフェス2010特別企画 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる