TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS 「森と芸術 私たちの中にひそむ森の記憶」

<<   作成日時 : 2011/05/03 17:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像「森と芸術 私たちの中にひそむ森の記憶」

はるかな昔、人間は森に住み、森の恵みを糧に暮らしていました。のちに森を離れて文明を築くようになってからも、人間は森という故郷に「楽園」の思い出を重ね、ノスタルジアを抱きつづけてきたのです。

古今の芸術作品のなかにも、そうした原初の森への郷愁や憧れがあらわれています。森の神話・伝説を描く絵画、情感ゆたかな風景画、メルヘン絵本、植物文様をもつアール・ヌーヴォーのガラス器など、森の魅惑を体現する作品の数々が展示されます。

アンリ・ルソーの楽園図、クロード・ロランにはじまる各時代の風景画、セリュジエやゴーガンの描く伝説の森、グリムやアンデルセンの挿絵、シュルレアリスムの森の幻想と神秘・・・・本展は、そうした森にかかわる多くの作品を通して、私たちのうちにひそむ「森の記憶」をさぐり、芸術・文化から自然界へと視野をひろげてゆきます。

会場:東京都庭園美術館
スケジュール:2011年04月16日 〜 2011年07月03日
アーティスト:アンリ・ルソー、クロード・ロラン、ポール・セリュジエ、ポール・ゴーギャン 他
入場料:一般:1000円、大学生[専修・各種専門学校含む]:800円、小・中・高校正および65歳以上:500円
開館時間:10:00から18:00まで
休館:毎月第2・第4水曜日

http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/mori/index.html



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
「森と芸術 私たちの中にひそむ森の記憶」 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる