TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS 草間彌生 ボディ・フェスティバル in 60's 展

<<   作成日時 : 2011/10/16 03:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

画像草間彌生 ボディ・フェスティバル in 60's 展

この展覧会は、主に60年代の草間彌生のアートに着目したものです。
草間彌生は1957年に日本を離れ、シアトルを経由しニューヨークに活動の拠点を構えます。73年に帰国するまでの16年間には、ニューヨークだけでなくイタリア、ドイツ、オランダと精力的に作品を発表し、現在の多様な作品スタイルを生み出しました。
草間の作品とその姿勢は、多くのポップアーティスト、ミニマルアーティスト、パフォーミングアーティスとたちの活動と呼応し、彼らに大きな影響を与えました。
こうした初期の活動は海外の美術館によって、高く再評価され、2011年から2012年にかけて、ソフィア王妃芸術センター(マドリッド)を皮切りに、ポンピドゥーセンター(パリ)、テートモダン(ロンドン)、ホイットニー美術館(ニューヨーク)での欧米巡回展の重要なセクションとして展示されはじめています。
今回のワタリウム美術館での展覧会では、こうした貴重な映像作品を国内で初めて無修正オリジナルバージョンで上映します。その他、多くのドキュメントや草間自身によって語られたテキスト、立体作品、インスタレーションなども展示します。

〜私がアメリカに渡ったのは、1957年の11月18日のことだった。私たちの世代は戦争の影響で、学校で英語を教えてくれなかったけれど、外国へ行く不安なんか全然なかった。とにかく、古いしがらみから逃れたくて、日本を出たくて出たくて仕方なかったのだから。「無限の網」草間弥生自伝〜

会場:ワタリウム美術館 http://www.watarium.co.jp/
会期::2011年8月6日[土]―11月27日[日] 11 時より19 時まで [ 毎週水曜日は21 時まで延長]
休館日:月曜日 [7/18は開館][但し、9/19、10/10は開館]
入場料:大人1,000円 学生800円(25歳以下) ペア券:大人 2人 1,600円/ 学生 2人 1,200円(期間中、何度も使えるパスポート制)

主催:ワタリウム美術館(渋谷区神宮前)
協力:株式会社 草間彌生スタジオ /目黒区美術館
映像協力:Netherlands Institute for SOUND AND VISION /


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
草間彌生 ボディ・フェスティバル in 60's 展 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる