TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS スパイク・ジョーンズ監督作品『アイム・ヒア』と『みんなのしらないセンダック』

<<   作成日時 : 2012/02/21 09:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像スパイク・ジョーンズ監督作品『アイム・ヒア』と『みんなのしらないセンダック』

子どものこころそのままに、スパイク・ジョーンズからのインビテーション。
やさしくせつなくまっすぐな二つのプレゼント。スパイク・ジョーンズ、二つの愛のかたち。

世界が惹かれるスパイク・ジョーンズという男。映画監督、ミュージック・ビデオ監督、脚本家、プロデューサー、フォトグラファーなど様々な顔を持ちつつも、共通しているのはユニークで、毒々しくて、温かくて、せつなくて、残酷で、優しくて、いたずらごころたっぷりの揺るぎないピュアなハート。そんな彼が製作した二つの作品が世界dえ初めてスクリーンに登場する!ひとつは2010年にサンダンス映画祭やベルリン映画祭でショート・ムービーとして上映されたスパイク初の純愛ラブロマンスであるオリジナル作『アイム・ヒア』。もうひとつは、20世紀最大の傑作と称され、スパイク自身が実写版の監督を務めた絵本「かいじゅうたちのいるところ」の作家モーリス・センダックを追ったドキュメンタリー、『みんなのしらないセンダック』だ。併映の特別プログラム『モーリス 万博へ行く』は、スパイクが自らセンダックの子供時代を演じるという、まさにスペシャルでキュートな作品。この冬、スパイク・ジョーンズから二つの愛の物語が、日本への贈り物として私たちのもとへ届けられる――。

映画館:バウスシアター(吉祥寺)
上映日時:2012年 3/3(土)よりレイトショー【終了日:3/16(金)】
提供:コントラリード 配給:ミラクルヴォイス

http://contrarede.com/invitation/



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
スパイク・ジョーンズ監督作品『アイム・ヒア』と『みんなのしらないセンダック』 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる