TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS JR展「世界はアートで変わっていく」

<<   作成日時 : 2013/03/11 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像JR展「世界はアートで変わっていく」

この展覧会は、現在最も注目されているフランス人アーティストJR(ジェイアール)のこれまでの活動を一堂に紹介する世界で初めての展覧会です。これは、昨年よりスタートした震災後の展覧会三部作の最終章です。一つ目は『ひっくりかえる展』で、既存の社会を変えようとしている世界中のアーティストやアクティビストを紹介し、さらに『坂口恭平 新政府展』では、日常に創造的なレイヤーを重ねることであらたな社会を形成しようという実験でした。
今回はJRが世界中のストリートに展示を始めるきっかけとなった最初の作品から、パリ郊外の公営住宅に住む若者たちの大型のポートレートを中心地のストリートに掲示した「世代の肖像」(2004-2006年)、パレスチナ人とイスラエル人の巨大な写真を両側に提示した「フェイス 2 フェイス」(2007年)、世界中の紛争で犠牲になった女性たちの尊厳を守ろうと大きなポートレートを掲げた「ヒーローは女性たちだ」(2008-2010年)などこれまでの全プロジェクトを時系列にそってドキュメント映像で紹介します。
さらに重要なのは、展覧会に先駆け2012年11月、東北の被災地(気仙沼から福島まで)を巡り行った「インサイドアウト」計画の展示です。ポートレート撮影用のカメラと大型プリンターを装備した専用トラックは、東北の漁港の漁師や復興商店街の店主、子どもたち、およそ400名のポートレートを撮影し、それらを街中に展示したのです。このプロジェクトのドキュメントやポートレートは今回の展覧会の一部として発表されます。
JRの活動は自分のメッセージを伝えようとするのではなく、世界中のストリートに誰もが見られるギャラリーを作り、そこで新しい交流が生まれ、さらにそれぞれの地域の問題が世界に提示されることなのです。その活動のために、自身の名前をJRという匿名的なものにしています。
今回の展覧会では入場者も自分のポスター大のポートレートを受け取り、この「インサイドアウト」計画に参加出来ます。
JRはTEDプライズ受賞のスピーチ(2011年)で世界中の観客を驚かせました。JRは言い切ります。「世界はアートで変わっていく」

会期:2013 年2月10日(日)−2013年6月2日(日)
会場:ワタリウム美術館 2階、3階、4階、屋外
休館日:月曜日(2/11、4/29.5/6 は開館)
開館時間:11時より19時まで[毎週水曜日は21時まで延長]
入場料:大人1,000円 学生800円(25歳以下)
ペア券:大人 2人 1,600円/ 学生 2人 1,200円
(期間中、何度も使えるパスポート制)
主催:ワタリウム美術館
助成 在日フランス大使館,アンスティチュ・フランセ

date:February 10(Sun.)- June 2(Sun.), 2013
Closed:Mondays, except for Feb.11, Apr.29, May 6
Opening Hours:11:00 to 19:00 (open till 21:00 on Wed.)
Admission:Adult 1000 yen / student (under 25 years) 800 yen
Pair Ticket: 2 Adults 1600 yen / 2 Students 1200 yen
(Ticket with signature is valid throughout the exhibition period.)
Organizer:WATARI-UM, The Watari Museum of Contemporary Art
Subsidy Ambassade de France au Japon
Institut français

http://www.watarium.co.jp/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



 
JR展「世界はアートで変わっていく」 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる