TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL

アクセスカウンタ

zoom RSS No Museum, No Life?―これからの美術館事典―国立美術館コレクションによる展覧会

<<   作成日時 : 2015/06/20 10:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像アンリ・ルソー《第22回アンデパンダン展に参加するよう芸術家達を導く自由の女神》
1905-06年、油彩・キャンバス、175.0×118.0cm、東京国立近代美術館

No Museum, No Life?―これからの美術館事典―国立美術館コレクションによる展覧会
No Museum, No Life? ―Art-Museum Encyclopedia to come―From the Collections of the National Museums of Art

美術館そのものをテーマにAからZまでの36個のキーワードを事典風に構成
本展は、「美術館」そのものをテーマとしています。美術館の構造や機能から着想を得たAからZまでの36個のキーワードに基づいて展覧会を構成し、これらのキーワードに沿って、事典を思わせる空間構成の中で、紀元前から現代、西洋から東洋までの幅広い時代と地域の作品約170点を厳選して紹介します。そして作品と同時に、美術館の活動に関わる資料も織り込んで展示します。

国立美術館5館のコレクションから約170点を展示 
本展は、国立美術館5館の合同展です。独立行政法人国立美術館は、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館の5館で構成され、2001年4月に発足して今年で15年目を迎えました。これら5館が協力して行うこのたびの展覧会は、2010年の「陰翳礼讃」展(国立新美術館)に続き2度目の開催となるものです。実に幅広い5館のコレクションから、ルノワールやロダンなどの作品はもちろん、私たちの常識に鋭く問いをつきつけるような現代の作品もご紹介します。

会場:東京国立近代美術館 企画展ギャラリー
会期:2015年6月16日 - 2015年9月13日
開館時間:10:00-17:00 (金曜日は10:00-20:00)
※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(ただし7 月20 日は開館)、7月21日(火)
観覧料:一般1000円、大学生500円
高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。
※それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。

http://www.momat.go.jp

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)



 
No Museum, No Life?―これからの美術館事典―国立美術館コレクションによる展覧会 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる